2016年01月18日

【銅鐸湾書店】桂民海は自首していた

 昨年10月、滞在中のタイで行方不明になった銅鐸湾書店の筆頭株主・桂民海が、なぜか別件で自首していた件について。

 桂民海ら銅鐸湾書店関係者の失踪については、2016/1/7 香港はすでに香港ではなくなったをお読みください。

香港銅鐸湾書店店主・桂敏海の「失踪」事件調査(新華社 2016/1/17)

 ざっくりと要約すると、2003年に飲酒運転で女性をひき殺し、執行猶予中に身分証を偽造して香港に逃げたが、両親の死に目にも立ち会えない、というか父親は昨年亡くなっていて母親も危ないので自首しました、となります。

 懲役2年、執行猶予2年とか、当時はまだ飲酒運転も殺人も微罪だったんだなあと思い出します。



2016011801.jpg
※毎度毎度の独占インタビュー

 大物容疑者が容疑確定前に中央テレビの番組に出演し、「罪の告白」をするのはこれが初めてではないので驚きませんが、最近は自首するのにもかかわらず誰にもことづけをしないんですかね。

 帰国して自首したのは私個人が臨んだ結果で、いかなる人とも関係はない。これは私自身が負うべき責任であり、いかなる人や組織が私の帰国に介入もしくは干渉し、悪意ある煽りを行うことは望まない。
 銅鐸湾書店とは一切関係がないので、関連付けて人権問題とかにしないでねとの、当局の熱い息遣いが感じられます。桂を自首に踏み切らせたのは良心の呵責からではなく両親の死に目に会えなかったからで、整合性が取れていない気がしますが。

 「スウェーデン国籍を持ってはいるが、やはり私は中国人だ」という宣言も、取って付けた感は否めません。

王毅外相も李波について「まず中国人である」との姿勢でしたが、二重国籍でも元々持っていた国籍が優先されるんでしょうか。

 今回の自白は、おそらく環球時報が「大陸に影響している案件を大陸側が捜査するのは根拠がある」、「どこの国でも脱法行為で容疑者を引っ張ってくることはやっている」と、中国当局の関与を事実上認めてしまったために、慌てて取り繕ったのではないかと思いますが。
タグ:銅鐸湾書店
posted by aquarelliste at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435382183

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。