2015年11月26日

党員がテロ組織に参加する新疆

 党中央の政策を妄議した新疆日報党委書記の解任、複数の新疆自治区の幹部の紀律検査部門による取り調べに、「テロリスト」への火炎放射器使用、「テロリスト」と逃亡していた幼児もろとも爆死させるなど、最近新疆の報道が目を引きます。

 かつて統一戦線部副部長は、「宗教を持つ者が多い一部の少数民族において、党員も宗教から変化した民族、風俗、礼儀については、大衆からかけはなれた存在とならないよう柔軟な態度をとることを許される」、つまり現地の宗教を理解するフリは許されるとの見解を示しました。
2011/12/21 宗教に走る党員増加のシグナル

 もちろん党員の信仰の自由が取り下げられているわけではなく、現地で無用の衝突を避けるための折衷案だったのかもしれません。

 あれから4年が経過しましたが、自体はかなり深刻になっている模様。現地の宗教に理解を示すどころか、現地に入れ込みまくっている党員の存在が明らかにされました。

政治紀律を厳正にし、長期安定を実現させよ(中国紀検観察報 2015/11/24)

2015112601.png
※衝撃の告白が結構あっさりとされる紙面

 寄稿者は自治区紀委書記の徐海栄。新疆党員幹部は全体的には良いとしながらも、「一部幹部は政治紀律、政治規定を守らない問題が依然存在している」と指摘。

 具体的には「上級の政策決定に対して無責任にあれこれ言い、揚げ足を取り、党中央や自治区党委の要求と相反する発言を公の場で発表する者がいる」とのこと。これは新疆日報党委書記の紀律違反容疑である「妄議」と重なりますので、彼が例外というわけではなさそうです。

 さらに、「民族分裂の反対、民族団結の維持、祖国統一の大原則問題において、はっきりと態度を表明しないばかりか、暴力テロ活動を支持、参加している者がいる」と、党員のテロ組織関与を認めています。

 先日解任された新疆日報党委書記は漢族のはずです。漢族の党員の中にも現地人であるウイグル人に親近感を持ち、同情して消極的な協力をしたり、「テロ組織」に身を投じる者がいるとみていいでしょう。主力はウイグル人でしょうが。

 「腐敗した新疆幹部」の話とは言え、新疆の現地の様子と密接につながる内容なのに、新疆日報ではなく中央紀律検査委(中紀委)の機関紙である中国紀検観察報を寄稿先に選んだのが謎ですが、自治区委書記の張春賢ではなく自治区紀律検査委トップの徐海栄が先頭に立って党員をビッシビシ取り締まっていくという意味なのかもしれません。

 しかし、「武装勢力」や「テロリスト」が絡んでいるのであれば、単なる汚職とは異なりますから、建前上は武力を持っていない中紀委に何ができるのか。政治紀律の厳守を呼びかけるだけで事足りるのかと言えば恐らく無理でしょう。汚職はおろかささいな政治規定の違反も撲滅できていないじゃないですか。

 新疆における民族政策が「武装勢力」や「テロリスト」に党員を走らせる原因を作り出しているのですから、そこに手をつけるのが一番手っ取り早いのですが、それは中紀委のお仕事ではないですしね。
posted by aquarelliste at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435382170

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。