2015年10月22日

党内の非組織的活動が処分対象に

 党中央が12年ぶりに中国共産党紀律処分条例を修正し、発表しました。

 修正理由は以前の条例の内容では時代に合わないとのこと。政治紀律とはなんのか、具体的な例が挙げられていますが、紹介はまた別の機会に譲るとして、新条例で加えられた中で、目立ったものを挙げてみました。

第46条
 ネット、メディア、講座、フォーラム、報告会、座談会などの形式で、中央の重要な政策・方針をみだりに議論し、党の集中統一を破壊したもの。

第52条
 党内でグループを結成し、徒党を組んで私欲を図り、結託し、プライベートな勢力を育て、あるいは利益交換をやる、自身の気勢を作り出すために、政治的な資本を不正に取得したもの。

第68条
 党員幹部は関連する組織規定に違反して、自発的に同郷会、校友会、戦友会などに参加したもの。
 第52条の「利益交換」以降がわかりにくいので噛み砕くと、お互いに職務上の権限を利用して窮地を助け合ったり、名誉や成績のために不必要とも言える政策をやり、それを大いに喧伝してはいけない、という意味です。

 言うまでもなく西山会や山西汾酒会のようなグループを指しており、何でもない集まりから非組織的活動に発展し、上記のような動きをしていたからこそ条例で禁止されるまでになったのでしょう。非組織的活動に対する警戒感は相当なものであるとわかります。

 こうしたグループは公表されていないだけで、もっと大規模かつ危険なものだってあるかもしれません。12年前の条例にはなかったことを踏まえると、当時は党内において私的なグループの結成など想定されていなかったわけです。

 習近平は思い切りかつての部下を引き上げまくっているのですが、同郷や校友といった間柄が一番信頼出来るとわかっているからで、それだけに党内で同じ動きをされるのは困るわけです。

 河北省では周本順の党籍剥奪をお祝いする会議が開かれましたが、この席上で「断固周本順と一線を画し、周本順の劣悪な影響を一掃せよ」と呼びかけています。まだ根強く影響力がありそうな物言いです。

 また、「決して面従腹背をやらず、中央をみだりに語らない」と宣言しており、周本順がかねがねやっていたと言わんばかりです。これは相当に悪い人ですねえ。

 なお、同じタイミングで『中国共産党清廉自律準則』も発表されましたが、胡錦濤時代の「八榮八恥」みたいな仕上がりだったので、あまり気にしてくていいて思います。

==参考消息==
http://politics.people.com.cn/n/2015/1022/c1001-27726381.html
http://hebei.hebnews.cn/2015-10/19/content_5107734.htm
http://cpc.people.com.cn/GB/33838/2539948.html
http://paper.people.com.cn/rmrb/html/2015-10/22/nw.D110000renmrb_20151022_1-03.htm
posted by aquarelliste at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435382164

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。