2015年04月17日

【公判記念】周永康さん不完全年表

 周永康さんの公判が間近なので、関連年表を作ってみました。青は公式情報、赤はそれ以外の情報です。思い出したり、公判で新事実が明かされれば追加する予定です。

2011年11月14日
 ニール・ヘイウッドが死亡

2012年1月28日
 谷開来がヘイウッド殺害に関与していることを、王立軍が薄熙来に報告

2012年2月2日
 王立軍が公安局長を解任され、副市長専任

2012年2月6日
 王立軍が駐成都市米国総領事館に駆け込む

2012年2月8日
 重慶市入りし、政法会議主催

2012年3月14日
 温家宝が薄熙来を批判
2012/3/14 温家宝の薄熙来批判

2012年3月15日
 薄熙来が重慶市委書記を解任される
2012/3/15【速報】薄熙来解任

2012年3月18日
 フェラーリを運転していた令計画の長男が事故死。同乗の女性2人のうち1人に障害が残る。口止め料は蒋潔敏から支払われる

2012年3月22日
 上海市で開催された全国政法宣伝工作会議を欠席。文書にて「胡錦濤同志を総書記とする党中央の正確な指導下、政法、宣伝、両戦線の同志は団結、協力し、創造的な政法宣伝工作をしっかり行っている」とコメント

2012年4月3日
 胡錦濤ら常務委員と共に、北京市内で植樹イベントに参加

2015041701.jpg

2012年4月10日
 薄熙来が重大な紀律違反のため政治局委員、中央委員を解任
【速報】薄熙来終了のお知らせ

==副書記の孟建柱が実質的に政法委を仕切っているとの報道が流れる==

 2012年5月17日
 新疆ウイグル自治区を視察

 2012年5月31日
 對口支援新疆工作会議閉幕式で講和

2012年7月14日
 第7回全国信訪工作会議で講和

2012年11月8日
 新疆自治区代表団と会見、胡錦濤の報告に「完全に賛成」

2012年11月15日
 第18回党大会で中央委員に再選されず、引退

2012年11月19日
 政法委書記を解任される

2012年12月6日
 李春城が重大な紀律違反容疑で調査を受けていると報道

2013年2月17日
 中央指導部が古参同志を慰問。周永康もその中に名前があり、完全引退が確認される

==指導者クラスの葬儀を伝える報道の見出しに、不自然に名前が出るようになる==

2013年6月23日
 郭永祥・文聯主席が重大な紀律違反容疑で調査を受けていると報道

2013年7月2日
 4月29日に母校である蘇州中学を視察したことが、5月27日に中学公式で発表。香港・大公報が報じたのは更に1ヵ月後の7月2日
2013/7/3 周永康の現状
2013070301.jpg


2013年9月1日
 蒋潔敏・国有資産監督管理委主任が重大な紀律違反容疑で調査を受けていると報道

2013年9月18日
 6月23日に斉魯石化公司を訪問したことが伝えられる
2015041603.jpg

2013年9月30日
 建国64年記念式典が開かれる。周永康を含む、常務委員経験者の出席は確認出来ず。65周年は江沢民、胡錦濤らが出席と明言されている。

2013年10月1日
 母校の中国石油大学創立60周年式典の前日に訪問。式典当日には呉儀・元副総理が出席。伝えられた最後の動向
2013/10/9 結局周永康と薄熙来ってどういう関係なのよ
2015041702.jpg

2013年11月26日
 王承緒・元浙江省政協副主席逝去。葬儀関連で名前が出るのはこれが最後

2013年12月1日
 政治局常務委員会議で、紀律違反の調査が決定

2013年12月10日
 唐克・元石油工業部長の葬儀に参列せず
2013/12/14 周永康が恩師の葬式に出ていない

2014年1月7日
 中央政法工作会議で、習近平が「我々の政法隊伍の主流は素晴らしい」「政法隊伍は責任を負って健全ではない風潮に対するには、敢えて剣を見せて断固闘争し、成り行きに任せてはならない」と講話。政法部門に二派あるかのような内容
2014/2/9 一歩進んだ感はある周永康の最後はいつか

2014年7月29日
 重大な紀律違反問題で立件調査が報じられる。同志呼称なし
2014/7/29 【速報】ついに周永康が双規

2014年1月28日
中央指導部が古参同志を慰問。江沢民、胡錦濤以外の名前が出ず。周永康が調査対象となっていて、対象者一覧を公表すると周は載せられず、当時は公表するつもりはなかったと考えられるので、この措置になったと考えられる。

2014年12月6日
 党籍はく奪、司法機関に送検
2014/12/6周永康が党籍剥奪、タイーホ

2015年2月16日
中央指導部が古参同志を慰問。2013年同様、慰問を受けた古参同志の名前が出る

2015年4月3日
 天津市検察に起訴される
20154/3 天津市検察が周永康を起訴しました

2015年5月22日
 公判が始まる。一部犯罪の証拠が国家機密に関るため非公開

2015年6月11日
 収賄、職権乱用、機密漏洩などで無期懲役判決。控訴しないため、判決が確定。
2015/6/11 【速報】周永康に無期懲役の一審判決、上告せず
ラベル:周永康
posted by aquarelliste at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過去の周さん、薄さん、徐さん関連の貴殿のブログを通して拝読しました。十八大前後から周永康さんを標的に捜査をしていたように思いました。但し、習さんの意志だけでここまで追求するのでしょうか?胡さんの江さんに対する怨念も後押ししていたように感じますが。やっぱり胡さんは甲斐性なしでしかないのでしょうか?
Posted by 长崎人 at 2015年04月18日 22:31
>>長崎人さま
胡さんの任期中に軍を良いように動かされ、自分の指揮下に無い武装警察のトップに良いようにされているのを見た習さんが、不安要素を一掃しようと思うのも無理からぬことかと思います。彼らは引退しても彼らの息のかかった人たちは現役ですからね。胡さんが助力しようにも対して何もできそうにないんですが。

習さんは最弱と日本で言われてたんですが、実は最強だったという。二世という血筋のよさから、胡さんと違って党内に支持者がイパーイいたんじゃないでしょうか。
Posted by aquarelliste at 2015年04月23日 14:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。