2014年08月29日

王立軍の特許権はそのまま

 王立軍さんをご記憶でしょうか。薄熙来の片腕として黒社会撲滅運動の陣頭指揮に立ちながら、後に薄と仲違いして米国総領事館に逃げ込み、薄が失脚する発端となった男です。

 成都市中級人民法院の起訴状には、「(1)私情にとらわれ法を曲げた、(2)国を裏切り逃亡した、(3)職権乱用、(4)収賄」と起訴内容が挙げられています。

(1)毒殺されたヘイウッドの死因を過度の飲酒によるものと発表して、証拠を握りつぶした件。
(2)駐成都米国総領事館に駆け込んだ件。
(3)部下に命じて合法的な手続きを行わず、多数の人間に対して技術的な偵察を行った件。(盗聴を指しているのでしょうか)
(4)薄熙来の金庫番だった大連実徳集団CEOの徐明たちから金品を受け取った件。


 となるでしょう。(2)の量刑が懲役2年なのは軽い気もしますが、25年ほど前に実兄が米国に亡命した兪正声がなんだかんだありながら常務委員をやってたりしますし、重大な場合を除いて懲役5年以下となっているので、思ったよりも重罪ではないのでしょうか。

 ところが、「職務上の権限を利用した」の中で言及されていない「罪状」が、最近騒がれてきましたのでご紹介。

汚職官僚の発明 特許で私利貪る(北京青年報 2014/8/27)

 これによると、王は重慶市公安局長だった2009年3月から2012年の1月までに、特許権を254件取得し、そのうち211件が解任直前でわが世の春状態だった2011年に集中しています。

 通常業務とは別にCADで図面を引いたり、申請に書類もジャンジャン書いて、2日に1回は特許申請とか、中国は完璧超人が多いですね。そういや国家主席も学部時代とは全く縁のない分野で博士号持ってましたっけ。

2014082903.jpg
※婦人警官用が多い件

 王立軍が副市長を解任される直前には、王がデザインしたという女性警官用の紅一色雨カッパが紹介されていました。

 王立軍の発明家っぷりは2012年2月の失脚の時点で有名で、件の雨カッパは「見た目もいいが軽量で非常に使いやすい」と好意的に紹介されていました。

 特許庁に当たる国家知識産権局で検索すると、記事と違って削除は出来ないんでしょうが、出るわ出るわ。200件ほどありました。

2014082901.JPG
※ワッペン

 身内たる重慶市公安局のワッペンや胸章など、完全に職権を乱用したとしか思えない特許がいくつも見られます。装備購入の度に特許料が入るボロい商売ですねえ。

 先日双規された天津市の武長順と共に「発明王」として紹介されており、公安局長は内部用に特許を取得するだけでそれなりのリターンがあるんでしょう。

2014082902.JPG
※火鍋用の特許

 公安の装備や信号機、血中アルコール濃度測定器などはその道のプロなのでいいものが作れるとしても、ワッペンはただの意匠ですし、火鍋用の循環式宴会卓とかもう公安関係ないし。

 公務員法では「営利的活動に参加してはならず、企業との兼職はしてはならない」と定められているものの、これが全く機能していませんでした。

 専門家は党・政府機関が物資を調達する際、特許取得者との関連性を厳しく審査し、疑いを避けるような制度を作るよう呼びかけています。

 ただ、 特許で儲かっていたのは、失脚前から分かっていたはずなんですけどね。王立軍の判決文に財産没収は無かったので、王自身は逃げ得になりそうです。
タグ:特許 王立軍
posted by aquarelliste at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

軍副主席が周永康に言及する不思議

 8月17日、青海省政府の公式ニュースサイトである青海新聞網は、青海省委が会議を開催し、「中共中央の周永康に対する立案審査の決定を断固擁護」することを表明した、と報じました。

青海省、中央の周永康に対する立案審査の決定を断固擁護 全国31省全てが態度表明(The Paper 2014/8/17)

 これで全国31の省、自治区、直轄市すべてが周永康に対する決定に支持表明したことになります。

 7月29日に紀律違反による立件調査の発表があってから、8月2日までに各地で党中央の周永康処分の支持表明があったのですが、公表されたのはバラバラ。最後となった青海は2日に会議を開いたのですが、2週間経った今日になってようやく発表であります。

 公表時期のバラつきは周との密接具合によるものなのか。明報は海南省のみ「党中央との高度な一致を保持」「思想上、政治上、行動上を党中央の精神と統一」との表現が無いと指摘。同省は冀文林、譚力と2人の副省長が双規された地でもありますが、周の関係者は四川にもたくさん固まっていましたし、これだけでは判断しかねます。

 海南省が他と違う点を挙げるとすれば、冀文林は李鵬の娘で電力一姐と呼ばれる李小琳と、土地売買で絡みがあったらしいくらいでしょうか。

范長龍「部隊が役割、任務を履行する能力を不断に高めよ」(新華社 2014/8/17)

 我が軍は党の絶対的な指導下にある人民の軍隊であり、政治的にゆるぎなく、作風はしっかりしていなければならない。

 全軍、武装警察は断固党中央、習主席の決めた手配を貫徹し、党中央の周永康に対する立案審査を断固擁護し、徐才厚に対する調査処分という正確な決定を断固擁護し、思想上、政治上、行動上に置いて、党中央と高度な一致を保つことを自覚し、党中央、中央軍事委、習主席の指揮に断固服従しなければならない。
 政治局委員クラスによる初めての周永康への言及です。

 政治局委員が市委書記を務める北京、上海、天津、重慶でも、前出の周永康処分に対する支持表明を行っているのですが、いわゆる形式的なもので、直接言及したのは初めて。

 解放軍としては既に支持表明大会を開催していますし、なぜ出張先でという気もします。

 解放軍がなぜ周永康に対する処分に支持表明をしなければならないのか。これはずっと不思議でした。

 通常であれば、周永康の古巣である四川省、公安部、武装警察、中国石油といったところが支持表明を出すのが慣例です。

 常務委員経験者ということもあり、影響の大きさから全省となったのでしょうが、薄熙来なら重慶市、陳良宇なら上海市といった具合。下っ端なら県で爆竹が鳴るところです。

 周永康は政法委書記として武装警察の指揮権を持ってはいましたが、解放軍とはとりあえずかかわりが無かったはず。

 範の支持表明も確かに形式どおりではあるのですが、深読みすれば、党中央や中央軍委に服従していない人間が軍内にいた、周永康の影響力は解放軍にも及んでいたとも取れるわけで。解放軍の創立記念日たる建軍節である8月1日の直前に公表したのは意図的なものではないかと考えています。

 となると、周永康の罪状は単なる経済問題だけではなく、軍に関するものが追加されるのでは、とひそかに期待してしまうのですが。
posted by aquarelliste at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

外交部八一五談話を読む

 今年も8月15日に、閣僚2人が靖国神社を参拝しました。8月一杯は定例記者会見がお休みの外交部報道官が電話で答えたという体裁で、中国が批判を展開しています。

華春瑩外交部報道官、一部日本閣僚の靖国神社参拝について(外交部 2014/8/15)

 日本の閣僚がA級戦犯を奉り、侵略戦争を美化する靖国神社を参拝し、日本指導者は靖国神社に祭祀費を支払い、再度日本政府が歴史問題に対し誤った態度で臨んでいる事が反映された。中国はこれに断固反対である。

 靖国神社は日本軍国主義が対外的に発動した侵略戦争の精神的道具であり象徴である。靖国神社問題の実質は、日本政府が侵略の歴史を正確に認識かつ対応し、アジア被害国人民の感情を尊重できるか、歴史問題における態度表明と約束を守れるかどうかである。

 日本は過去の侵略の歴史を切実に正視し、反省し、軍国主義と徹底的に一線を画すことで、中日関係の健康的で安定した発展が実現できるのだ。

 我々は再度、厳粛に、日本側に責任ある態度で適切に関連する問題を処理し、実際の行動でアジア隣国と国際社会の信用を得るよう促す。
 なんだ、いつも通りの反応じゃないかと思いがちですが、昨年までには見られなかった表現が含まれていることにお気づきでしょうか。

 日本で報じられているように、「昨年はあった、外交部が駐中大使を呼びつけて抗議」がなかった、もそうなのですが、それは安倍総理が参拝しなかった事に対する返礼であり、あまり意味は無いかと。

 そこより「軍国主義と徹底的に一線を画す」という、これまでには無かった表現が含まれています。これはどういう意味なのか。

 金鰤でも取り上げられていましたが、「一部の軍国主義者、右翼政治家と大多数の人民は分けて対応する」という従来の公式見解と真っ向から対立する、日本軍国主義化、総右翼化の論調が最近出てきています。「安倍政権の右翼化」と、人民日報が頑張っている横で、です。

 「日本政府はまだ軍国主義ではないが、その傾向が見えるからよろしく」とも取れるやさしい対応であり、11月のAPECで日中首脳会談実現に向けて、中国は中国なりに雰囲気作りに努めているのです。

 大っぴらに批判していないのは、公式見解が虚構であり、争うだけ不利なのを自覚しているからかと。

 そこで、「現政府は軍国主義とは違う所を見せろ」という実に中国らしい態度で、日本は軍国主義ではないのだとの公式見解を述べたのだ、と考えるのはうがち過ぎですかそうですか。
posted by aquarelliste at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。